にほんブログ村 映画ブログへ

ブログランキングサイトに登録しています。
このブログに共感したら、左のボタンをクリックしていただけると幸いです。
(クリックで投票)
※1日1リック有効


2009年04月14日

花の生涯−梅蘭芳



≪オフィシャルサイト≫
http://meilanfang.kadokawa-ent.jp/

≪あらすじ≫
>中国の伝統芸能、京劇界で最高の女形として語り継がれる梅蘭芳は
>北京の京劇一家の三代目として生まれるが早くに両親を亡くし、
>叔父とも少年の頃に死別する。
>その後、美しい青年になった梅蘭芳は女形のスターに成長するが、
>伝統重視の京劇の世界に疑問を抱いていた。
>ある日、彼は海外で学んだチウ・ルーパイの講演を聞き感銘を受け、
>これからは京劇にも改革が必要だと思い知る。

(goo映画より引用)


本作は、『さらば、わが愛/覇王別姫』とは違い、あくまでも伝記映画である。
その為、内容はかなり淡々としている。
元々、梅家が暖めていた梅蘭芳の人生の映画化企画を、
チェン・カイコー監督が実現しただけの話で、
日本の配給会社が付けたキャッチコピーの『さらば、わが愛 覇王別姫を超える・・・』
なんてコピーがおかしな話で、本来、比べるものではないように思う。

あえて比べるとすると、色使いやカメラワーク、演出面においては明らかに本作の方が上だ。
特に、京劇のシーンのカメラワークがすばらしく、カメラが舞台の上を舞ってるように、
躍動感に満ちあふれる映像が見ていて気持ちがいい。
退屈になりがちの伝記映画を、これだけエンターテイメント性をもたせた監督の手腕は、
賞賛に値するものではなかろうか。


キャストの演技もすばらしく、
特に梅蘭芳の少年期を演じた、ユィ・シャオチュンの演技が光る。
優雅さと華やかさ包まれた、立ち振る舞いは、見ていて吸い込まれそうになる。
個人的には、舞台のシーンの完成度は、中年期を演じたレオン・ライよりも高いように思え、
本来ならば成熟して上手くなってるはずなのに、
少年期の舞台の方が華やかってのが惜しいと思った。
だからといって、人選が間違ってるかというと、レオン・ライがもつ孤独で切ない雰囲気が、
劇中での梅蘭芳のキャラクター性と合い重なっており、他のキャストは思いつかない。
ユィ・シャオチュンは舞台出身との事なので、残念ではあるが、この差は仕方がないような気もする。

そしてもう一人、チャン・ツィイーなのだが、どちらかというと冷めた雰囲気の役柄が多く、
そういう演技が得意なんだろうと思っていたが、本作では優しく暖かい雰囲気を身にまとっている。
チャン・ツィイーって、こういう役も出来たのね・・・・。(^^;

ひとつ、勘違いしていたのが、最近、太りがちだったレオン・ライが、
女形の役なんて大丈夫なのか?といったところだったのだが、
案の定、ふくよか(笑)な姿でスクリーンに登場し、
やっぱり、減量に失敗したのか・・・と思ったのだが、
実在した梅蘭芳は、かなりふくよかな方だったそうで、
撮影前に監督から『太れ』と指示が来たそうである。


映画の内容はかなり深いのだが、
『伝統と確信』『舞台と私生活』『愛人と愛妻』『栄光と自由』『未来への希望と不安』
これらが、チェン・カイコー監督お得意の対比表現で、非常にわかりやすくまとまっている。

中でも、『不安(恐怖)』というのは本作のテーマらしく
『負けることは恥ではない、恐れることが恥なのだ』という梅蘭芳の師の言葉をはじめ、
『恐れるな』という言葉が何度も反復される。

何事も、負けることは大したことではなく、
恐れることは退廃を意味するということか。

もしかするとこのテーマの裏側には、『さらば、わが愛/覇王別姫』が成功して、
今回、それ以上の映画をと期待されたプレッシャーの表れではないかと思う。
監督自身が『恐れ』と戦っていたのかもしれない。
これから見られる方は、その辺を考えながら見られると良いと思う。

ちなみに、ある意味切ないシーンが続出するが、
泣き所は準備されてないので、そこは期待しないほうが良いかと・・・・。
posted by しま | Comment(0) | 映画-ドラマ

2009年04月13日

【雑記】レッドクリフ Part.2を観てきましたが・・・



レッドクリフ Part.2を観てきましたが、
Part.1に引き続き、レビューをまとめれる自信がないので、
雑談的に・・・・。

内容云々は、批判が殺到しているが、
可もなく不可もなく・・・ある意味無難、
その無難さが気に入らない。

あと、茶器が月に変わるトランジションがでてきて、
いかにもジョン・ウー監督らしいなと思ったのだが、
劇中に何度も出てくる、旗を切り裂くトランジションが安っぽくって気に入らない。
安っぽいといえば、プロモーションのやり方も安っぽくって嫌いだ。
また、CGと実写部分の画質の違いも酷すぎ、
安っぽさに磨きをかけている。

最近、新作を発表しておらず、
やっと出た待望のジョン・ウー監督の新作がこれでは、
ファン心理としては正直煮え切らない。

これが他の監督が作ったってのなら賞賛もするだろうが、
私もそうだが、ジョン・ウーファンは納得する出来ではない。
また、三国志ファンももちろん納得しないだろう。
ジョン・ウーファンでもなく、三国志ファンでもない人たちは良いのかもしれない。
そう、それこそが最大公約数であり大衆なのだ。
ファン層というのはマニアであり、あくまでも少数派だ。
ビジネスとしてはこれで良いんだと思う。

だけどなぁ・・・・・orz

香港からハリウッドに渡り、売れないながらも、
良い作品を作りつづけてきたジョン・ウー監督。
転機になったのは、FACE/OFFとM:I-2のヒット以降だ。
FACE/OFFとM:I-2は素晴らしい作品だと思うが、
それ以降は、パッっとしない作品ばかりだ。

もしかすると、スポンサーが増え、それに伴い制約が増えたのかもしれない。
今回の、レッドクリフあたりは特にその線が怪しいと思う。
ダラダラと長く続く内容。正直、Part.1はなくとも、Part.2だけで話は成立する。
なぜ、2部作にしたのか、意味がわからない。
欧米では1本に編集して公開されてるそうだ。
映画としてのバランスは、恐らく欧米版の方が良いと思われる。
そう考えると、2本にした方が儲けれると踏んだ提供会社の陰謀のような気がする。

なんにせよ、ちょっと残念だ。
次回作に、期待しよう・・・・。
posted by しま | Comment(0) | 雑記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。