にほんブログ村 映画ブログへ

ブログランキングサイトに登録しています。
このブログに共感したら、左のボタンをクリックしていただけると幸いです。
(クリックで投票)
※1日1リック有効


2009年07月06日

トレインスポッティング



≪あらすじ≫
>ヘロイン中毒のレントンは、
>仲間たちと愉快ででたらめな日々を過ごしていた。
>ロンドンで仕事を見つけたものの、仲間たちのせいで結局クビに。
>そんなところへ、売人から
>大量のドラッグを売りさばく仕事を持ちかけられて……。

(Yahoo映画より引用)


いわゆる、ドラッグムービーなんだが、
作品中では、ドラッグを否定もしなければ肯定もない。
馬鹿げた青春映画なんだが、
見る人によっては、妙にリアルに見えるのでは?
そういった意味で、感想は十人十色になる映画だと思う。

この映画、何が凄いと言うか、何もかもが凄いのだが、
私がイチオシしたいのは、
見事にジャンキーを演じきったユアン・マクレガーの演技力だ。
ヤクを入れたときの幸せそうな顔から、
禁断症状時の幻覚に悩まされるおびえた顔、
世間が退屈で仕方がないという顔、
色んな感情が、顔一つで表されている。
これだけ上手い演技だと、
セリフがなくても成り立つんじゃないかと思うほどである。

他のキャストも個性的な演技を披露しており、
演技vs演技のぶつかり合いが、
内容のない映画を極端に面白くしてくれてる。

内容がない・・・・

そう、この映画には大した内容はない。
いや、無くて良いと思う。
内容のないジャンキーの生活を映像化したものだから。

キャストの演技力と、
監督を始めとする制作スタッフの表現力が光る、
最高のドラッグムービーだと思う。


トレインスポッティング
(※写真は楽天ショップへのリンクです。)
posted by しま | Comment(0) | 映画-ドラマ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。