にほんブログ村 映画ブログへ

ブログランキングサイトに登録しています。
このブログに共感したら、左のボタンをクリックしていただけると幸いです。
(クリックで投票)
※1日1リック有効


2012年10月11日

インセプション



渡辺謙、マイケル・ケイン、キリアン・マーフィと、
なんともバットマンなキャスト達に、
クリストファー・ノーラン監督版バットマンファンなら思わずニヤリ。

映画の内容はというと、
なんかひと癖ふた癖のある映画を撮らせたら、
右に出るものはいないって感じで、
相変わらずのノーラン節全開!

夢に進入するという、ある種設定勝ちという気もしないでもないが、
見ていてその世界観に引き込まれる感じが良い。

この映画の魅力を言葉で説明するのが難しいのだが、
シナリオ、キャスト、SFX、音楽が高次元で絡みあい、
それが互いに打ち消すのではなく補い合ってるような完成度の高さ。
大作感はあるけれど、決して大衆感ではないという感じか。

凄いです。

お勧め度:★★★★★
個人的お気に入り度:★★★★★

posted by しま | Comment(0) | 映画-SF

2012年10月07日

三国志英傑伝 関羽



三国志ものの映画としては、だいぶ異端な部類の映画じゃないかと。
最初は三国志を見てるつもりでも、いつの間にかカンフー映画になってしまってたり。

ドニー・イェンが主演という時点で、
逆にカンフーアクション好きしか見ないという気もするが、
一般的な三国志を期待してた人にはハズレ感が強いと思う。

しかしまぁ、この映画で面白いのは、
そういう一風変わった三国志であることだけではなく、
曹操がかなり善良な武将として描かれてること。

どちらかというと曹操は、
血も涙もない悪魔みたいな描かれ方をすることが多いが、
こういう目線というのは新鮮で良かった。

お勧め度:★★★☆☆
個人的お気に入り度:★★★★☆
posted by しま | Comment(0) | 映画-アクション

2012年10月05日

映画「けいおん!」



鑑賞前に、前もってTVの延長線上とは聞いていたけれど、
まぁ、確かにTVの延長線上だった。

けど、こういうのってTVの延長線上にしかなりえない気もした。

作画のクオリティを上げてTVのダイジェストにするにも、
元々TV放映時から作画のクオリティが高いので描き直す必要もないだろうし、
じゃぁ、TVとは別解釈のシナリオで・・・といっても、
原作が4コマ漫画のものだから、一本の壮大なシナリオがあるわけでもない。

結果としては、TVでは放送してないシナリオをアニメーション化して、
『はい映画です。』としかやりようもない。

非難するのは簡単だけど、
じゃぁ、これが劇場用アニメーションではなく、
TVの番組の放送枠内で4話で放送されてたらどうなの?
だれも文句も言わず受けれてたんじゃないの?

結論として、TVの延長線上かどうかなんて、
映像コンテンツの批評としては、どうでも良い事だと思う。
映画レビューサイトでは、だいぶその部分で非難されてたが、
そこまでして、映画通ぶりたいものなのかなぁ・・・っと。
むしろ映画通なら、こうなる事は予測できてたんじゃないかと思う。

ぶっちゃけ、面白かったです。
TV版を楽しめてる人なら100%楽しめます。
逆を言うと、TVでのけいおんを見てない人/苦手な人が見る映画ではありません。
相変わらずのゆるふわな女子高生バンド劇です。

お勧め度:★★☆☆☆
TV版好きへのお勧め度:★★★★★
個人的お気に入り度:★★★★☆

トレジャー・オブ・エンペラー 砂漠の秘宝



なんというか、ジェイ・チョウとチーリンのプロモーション映画的なノリ。
これって香港系の俳優も結構出てましたが台湾映画になるのかな。

キャストは結構良いキャストをそろえてます。
セットにも金がかかってます。
映像もかなり丁寧に作ってる印象はあります。

けど内容は

平凡。

悪くないんだけど良くもない。
教科書どおりに作った娯楽作品という感じで、
物足りない感じが思いっきりある。

ようするにクリエイティビリティが足りない気がします。
アジア映画が好きな人は、時間があるときにでもって感じでしょうか。
後は、チーリン好きとジェイ・チョウ好きにしか勧められません。

お勧め度:★★☆☆☆
個人的お気に入り度:★★★☆☆
posted by しま | Comment(0) | 映画-アクション
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。