にほんブログ村 映画ブログへ

ブログランキングサイトに登録しています。
このブログに共感したら、左のボタンをクリックしていただけると幸いです。
(クリックで投票)
※1日1リック有効


2008年09月02日

ウルトラヴァイオレット



≪オフィシャルサイト≫
http://www.so-net.ne.jp/movie/sonypictures/homevideo/ultraviolet/index.html

≪あらすじ≫
>21世紀末、新種のウィルスが蔓延、
>感染した人間は超人的な知能と運動能力を身につけるが、
>“ファージ”と呼ばれた彼らは、感染後わずか12年で命を落とす運命にあった。
>ファージの能力を恐れた人間たちは彼らの根絶を企て、
>政府によるファージ掃討作戦が開始される。
>追い詰められたファージは地下組織を結成、
>人間政府との激しい抗争を繰り広げる。
>やがて政府はファージ絶滅の切り札となる最終兵器の開発に成功する。
>ファージ側はその情報をつかむと、最終兵器強奪のため、
>最強の殺し屋ヴァイオレットを送り込む。
>かつて、感染した夫と子どもを政府に殺され復讐に燃えるヴァイオレットは、
>兵器の入ったケースを難なく奪い去る。
>しかしその直後、彼女は最終兵器がわずか9歳の少年であることを知るのだった。

(ウィキペディアより引用)

いわゆるSF娯楽大作なので、語れるものもないのだが、
一級品のアクションと、それを彩るVFXで構成された内容は、
観ててスカッっとするし、それ以上を求めるものでもない気がする。

主人公役のミラ・ジョヴォヴィッチが、
まるで、漫画かアニメのキャラクターのようなカッコをしており、
途中、髪の毛が紫になったりするのだが、
何故か自然で違和感をまるで感じない。

こういうカッコをして、不自然に感じないって凄い事だと思うのだが、
それが製作スタッフの力量なのか、
それとも俳優ののポテンシャルによるものかはわからないが、
まったくチープな感じがしない。

ウェズリー・スナイプスの『ブレイド』に近い感じなので、
その辺のSFアクション映画が好きな方にはオススメの一本…




と言いたいのだが、
残念ながら映画サイトでの評判はすこぶる悪い。

アクション/VFX/ミラ・ジョヴォヴィッチが見所と言えば良いのだが、
逆に言うと、それ以外に見所がない映画でもあるわけで、
ありきたりのシナリオをアクションとVFXで誤魔化して、
ミラを出しときゃ売れる』的な部分があるのも否めず、
どこか、ミラのプロモーション映画的になってしまってるところはある。
その為割り切って観れないと、面白くないのかもしれない。

私がミラ・ジョヴォヴィッチという俳優が好きで、
ミラのプロモーション映画でも全然OKなもんで、
本記事は、かなりひいきめの感想になってるのかも。
(というより、なってるな・・・。)


ウルトラヴァイオレット デラックス・コレクターズ・エディション
(※写真は楽天ショップへのリンクです。)
posted by しま | Comment(0) | 映画-SF
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。