にほんブログ村 映画ブログへ

ブログランキングサイトに登録しています。
このブログに共感したら、左のボタンをクリックしていただけると幸いです。
(クリックで投票)
※1日1リック有効


2008年09月25日

アンジェラ



≪あらすじ≫
>借金の返済期限が48時間後に迫ったのに返すあてのないアンドレ。
>返せなければギャングに殺されてしまうかもしれず、
>進退窮まったアンドレはアレクサンドル3世橋に向かい、
>セーヌ川へ飛び込もうとする。
>しかしその時、長身で金髪の美女が現れ、
>アンドレより先に飛び込んでしまう。

(ウィキペディアより引用)

モデルのようなヒロインと、ダメダメな主人公という、
リュック・ベッソン監督のお得意のパターン。

あえてモノクロにする映像表現ってのも、
同年に公開された映画シン・シティもあるもんだから、
よほど目新しい気もしないければ、
内容も安直なんで、深い内容の映画が好きな方には、
あまり評判も良くないようだ。

だが、それが良い。(笑)

最近の、ベッソン監督って、
レオンやグランブルーを作っていたときとは明らかに違うように思う。
通常はクリエイターというのは経験を積んで洗練されていくものであるが、
ベッソン監督の場合は、段々何でもアリになってきてる気がする。
私の推測ではあるが、香港映画の影響がかなり有るんじゃないかと思う。
なので、内容なんか求めるべきじゃないし、
目新しさも要らない。『ベッソン節』が見れれば良い。(笑)

本作品は、監督/製作/脚本をベッソン監督が勤めており、
それこそ、ベッソン節のオンパレードだったりする。

普段、アクション映画を手がける事が多いベッソン監督が、
恋愛映画を作ればこうなるといったような作品。
その為、ロマンティックな恋愛映画が見たい方にはお勧めできないが、
同監督のファンにはお勧めできる内容だと思う。


あと、白馬の王子も出て来ないんで、
それも期待しないほうが良いです。



アンジェラ スペシャル・エディション(DVD) ◆20%OFF!
(※写真は楽天ショップへのリンクです。)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。