にほんブログ村 映画ブログへ

ブログランキングサイトに登録しています。
このブログに共感したら、左のボタンをクリックしていただけると幸いです。
(クリックで投票)
※1日1リック有効


2008年10月05日

アイアンマン



≪オフィシャルサイト≫
http://www.sonypictures.jp/movies/ironman/

≪あらすじ≫
>軍事企業CEOにして天才発明家のトニー・スタークは、
>武器のデモで訪れたアフガンで武装集団に拉致され、兵器開発を強要される。
>彼は医師インセンと共に兵器開発をするフリをしながら
>脱出用のパワードスーツを製作し、命からがらの脱出を果たす。
>帰国後トニーは自社の軍事産業からの撤退を発表。
>自らは自宅の作業部屋に篭って、新型パワードスーツの開発に没頭する。
>彼の周囲は恐ろしい陰謀がうごめいているとも知らずに……。

(goo映画より引用)

非常に面白かったんだが、
なんかレビューが書きにくい作品やなぁ・・・と言ったところ。

というのも、特出したところもあまりなければ、
不満になるような欠点も特にない気がする。

良くも悪くも、丸く収まりすぎの印象はあるが、
シリーズ1作目のとしてはこれで良いと思うため、
そこもまた、批判の対象ではない気がする。(続編も出るようなので)

内容としては、アメリカの兵器会社が作った兵器が、
アメリカ人を殺すという現実社会の問題点をベースに、
シナリオを広げていった感じではあるが、
なにせ、かなり軽いノリで描かれており、
主人公が悩んだりするような心理描写はない。
その為、深みのあるシナリオを求めてる人には合わない映画なのかもしれない。

近い公開時期で、ヒーローものの映画といえ『ダークナイト』があるが、
それを観て、ヒーローものでこの小難しさはどうなのかと疑問視された方には、
ピッタリの映画なんじゃないかと思う。

アイアンマンもバットマンも特殊能力を持たない普通の人間が主人公で、
置かれてる立場は、大企業の社長という、なんとも似通った設定なのだが、
作品として対極的になってるあたりは興味深い。

総じていえば、何も考えずに楽しめる1本。


余談だが、劇中でブラックサバスの名曲『アイアンマン』の、
インストゥルメンタルアレンジが流れる。
映画タイトルと同じ曲名だし、やっぱりそうくるのかと思ったが、
ロックファンの私としてはこういう演出は嬉しい限り。
(記事の最初に貼ってる予告でも最後に流れます。)


■DVD

アイアンマン デラックス・コレクターズ・エディション

■Blu-ray

アイアンマン【Blu-rayDisc Video】

posted by しま | Comment(0) | 映画-SF
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。