にほんブログ村 映画ブログへ

ブログランキングサイトに登録しています。
このブログに共感したら、左のボタンをクリックしていただけると幸いです。
(クリックで投票)
※1日1リック有効


2008年11月01日

【雑記】ジョン・ウー監督はジョン・ウー監督だった

公開初日である本日、観てきました。



前記事で書いたように、
私は、ジョン・ウー監督の大ファンなので、
本作について良いと思ったことを全部書いてると、莫大な文字数になるので、
まともにレビューをまとめれる自信はありません。

なので、今回は正規のレビューではなく、
雑談カテゴリの記事として、
逆に気になった点を三つほど書かせてもらいます。

====================================================

【1.ボス格の人物描写はいまいち。】
ジョン・ウー監督は中堅どころを描くのは上手いが、
ボス格はの描写はあまり上手じゃない監督だ。
過去作品でもそうだが、ボス格はいつも悪役で主役は絶対に中堅どころだ。
本作においても、武将クラスは上手く描けてるのだが、
劉備、曹操、孫権などの大将クラスがイマイチ魅力に欠ける。

【2.男女関係の感情描写が弱い】
“友情”を描くのは上手いの監督なのだが、
“恋愛”を描くのは本当に苦手で、特に女性の描写は下手だ。
ハリウッドに行って、多少は変わったかと期待してたのだが、
今回も正直厳しく、女性キャラクターが『駒』にしかなってない・・・。

【3.群集の存在感がない。】
基本的にジョン・ウー監督はマニアうけする監督である。
アクションエンターテイメントは良いが、
スペクタクルについてはキャリアもなければスキルもない。
正直、群集が描くのが上手い監督ではないと思う。
本作についても『民』という言葉はいくつも出てくるのに、
肝心の『民衆』に存在感がない。
また、『兵士』についても、多くのエキストラを使いながら存在感が非常に薄い。

なんか、鑑賞前に心配してたことが全部出ちゃった感じがする。

また、歴史大作ということで、
それなりの『重さ』を期待して観る人もいるだろうが、
過去に公開された歴史映画の“ラストエンペラー”や“西太后”等と比較すると、
非常に軽い内容になってしまっており、
ジョン・ウーファンは良いとしても、
三国志ファンはちょっと期待はずれになっちゃってるかも。

『大金をかけて、B級映画を作っちゃった』といったところだろうか。(^^;

映画を見る前に予習として三国志を読まれてる方もいると思うが、
それよりも、本作を見るにあたっては、
ジョン・ウー監督の過去作品を見たほうが良い気がする。
特に「ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌」の1シーンは、
本作の某シーンとリンクするので必見。


ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌
(※写真は楽天ショップへのリンクです。)

====================================================

今日は公開初日と映画の日が重なっていたためか、
観客の数が非常に多かったのですが、
ジョン・ウー監督の映画でこれだけ人が集まるのも、
かなり久しぶりなのではないかと思います。

それだけ、話題性があったにもかかわらず、
映画のできはというと、監督の欠点をさらけ出しちゃってるところもあって、
ちょっと、勿体無いなぁ・・・といった感じでしょうか。

そんな感じで、良くも悪くもジョン・ウー監督らしい映画でした。


この欠点を穴埋めできる人といえば、
ジョン・ウー監督の代表作『男たちの挽歌』でタッグを組んだ、
ツイ・ハーク監督やと思ったりするんですが、
以前、散々もめてますし、
再びタッグを組むことはあまり期待できそうにないのが残念なところ。
posted by しま | Comment(2) | 雑記
この記事へのコメント
呼ばれて、飛び出て、じゃじゃじゃじゃ〜〜〜ん。爆)
って、冗談ですが、お邪魔します〜w

しまさんの品評を伺ってると、今回のレッドクリフは”今ひとつ”っぽい
ですね。
ユンファ氏がリタイア?した時点から、何となく一抹の不安を感じてた
んですが、”やはり”?といった感じでしょうか・・・。
しかも私の場合上映直前に「part 1」ってことを知ったので、それもその
妙な胸騒ぎに拍車をかけた状態になってますね〜。

ただ”いちジョン・ウー”ファンとしては、おる程度覚悟の上で劇場まで
足を運ぼうかなあ〜とは思ってますw
Posted by NOV at 2008年11月03日 19:29
>>NOVさん
いらっしゃいませ〜。(笑)

レッドクリフですが、いまひとつ・・・というか、
この辺は見る前から分かっていたことなんで、
『やっぱりなぁ。』という感じでした。(^^;

何れにせよ、ペイチェック以降、
お預けを食らってた久々の作品ですから、
良い部分も、悪い部分も含めて、
ジョン・ウー監督らしかったのは、
作品のでき云々はさておき、
ファン心理的には満足してますよ。(爆)


あとは、後編のpart 2に期待します。
後編はアクションメインになるでしょうし、
問題ないんじゃないかと。(笑)
Posted by しま at 2008年11月03日 19:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。