にほんブログ村 映画ブログへ

ブログランキングサイトに登録しています。
このブログに共感したら、左のボタンをクリックしていただけると幸いです。
(クリックで投票)
※1日1リック有効


2009年03月30日

さらば、わが愛/覇王別姫



≪あらすじ≫
>演ずることに全てを捧げた二人の男の波乱に満ちた生涯を、
>京劇『覇王別姫』を軸に描いたチェン・カイコー監督作品。
>身を持て余した遊廓の母に捨てられ、京劇の養成所に入れられた小豆。
>淫売の子といじめられる彼を弟のようにかばい、
>辛い修行の中で常に強い助けとなる石頭。
>やがて成長した二人は、それぞれ“程蝶衣”、
>“段小樓”と名を変え、京劇界きってのスターとなっていた……。

(yahoo映画より引用)

観終わった後に、なにか凄いものを観てしまったという感じがあるものの、
激動する時代の中国の描写がよく描けており、
それに圧倒されていたら、いまいち泣き所を掴めずに終ってしまった。(^^;

とはいえ、良く出来た映画である。
特に見所は女形を演じるレスリー・チャンと、
本物の女性であるコン・リーの対比だと思う。
渦巻く嫉妬の表現は、非常に良く表現されており、
各々の心情まで見えてくるようだった。

また、キャストの演技を引き立てるだけの美しい映像の数々。
今となっては、昔の映画になってしまったが、
その映像からは、まったく古さを感じない。

本作については、あれこれレビューを書きたかったのだが、
正直、私の言葉のボキャブラリーでは、
その良さを伝える表現が非常に難しい。(^^;


さらば、わが愛/覇王別姫
(※写真は楽天ショップへのリンクです。)
この記事へのコメント
うっわぁ〜!

しまさん、この作品ご覧になったんですか?!
ちょっとびっくり!

私も実はレンタルで観たことあるんです!
以前、アカデミー賞作品オッカケをしていたんですが、
これ、いつだったかの外国語映画賞だったと思います。

ちょうど同僚に中国滞在経験者がいて、
中国映画をいくつか紹介されたこともあって・・・

ホント、すっごい作品ですよね。
歴史的な背景もあって・・・
京劇というのを初めて見た作品でもあります。

レスリー・チャン、
きれいな俳優さんでしたよね〜
コン・リーも好きです。

You Tubeの映像、
なんか久しぶりで懐かしかったです!
Posted by Shannon@Feel Fine at 2009年04月03日 19:52
>>shannonさん
ありゃ、以外でしたか。(^^)

レスリー・チャンは好きなんですよ。
最初に観たのは、ジョン・ウー監督の映画だったりするんですけどね。(笑)

聞いた話ですが、この作品、
レスリーが、本物の女性よりも、
女性らしい仕草をするものだから、
ヒロイン(?)の人選に難航したみたいですよ。
で、最終的に、コン・リーに決まったとか。

同監督の、京劇を題材にした映画、
花の生涯ってのが今あってますが、
(福岡は来週公開なんですが・・・)
それも、すごく楽しみだったりします。(^^)
Posted by しま at 2009年04月05日 15:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。