にほんブログ村 映画ブログへ

ブログランキングサイトに登録しています。
このブログに共感したら、左のボタンをクリックしていただけると幸いです。
(クリックで投票)
※1日1リック有効


2009年06月22日

ターミネーター4



≪オフィシャルサイト≫
http://www.sonypictures.jp/movies/terminatorsalvation/

≪あらすじ≫
>時は2018年。核戦争で荒廃した世界は、
>人工知能搭載のスーパーコンピューター“スカイネット”に支配されていた。
>生き残った人々は抵抗軍を組織し、機械との最後の戦いに備えていた。
>部隊のリーダーであるジョン・コナーは、
>“スカイネット”がやがて自分の父親となる
>カイル・リースの命を狙っていると知り、彼を探し始める。
>一方、ターミネーターがさまよう荒野をたくましく生き抜く少年カイルは、
>核戦争のことも、今が何年かさえもわからない屈強な男・マーカスと出会う。

(goo映画より引用)


賛否両論となっているこの作品だが、
元々、終わっている作品をビジネス的な理由で、
無理やりつなげようとするものだから、
極端な話、どんなに良い作品を作ったとて、
賛否は別れるものじゃないかと思う。

製作サイドもそれを判った上で製作しているとは思うが、
敵意剥き出しで見に行っても面白くないし、
残念ながら、そいう方の期待を裏切るようなものはどこにもない為、
お互いに嫌な気持ちになるよりは、
そいういう気持ちなら最初から見ないことをお勧めする。


私は、シリーズは好きだが、
極端に神格化するほどコアなファンではないので本作は十分に楽しめた。
要するに、ターミネーターという冠を外して観れば、
かなり良質のアクション映画だと思う。

クリスチャン・ベールの演技は、さすがといったところではあるが、
今回は、マーカス・ライトを演じるサム・ワーシントンの存在感が良い。
元々、マーカス・ライト役は、クリスチャン・ベールが配役で決まっていて、
スポットもマーカス中心となる予定だったらしいが、
クリスチャン・ベールのジョン・コナー役が良いとの我侭(?)により、
大幅に脚本を変えてのスタートだったようだ。
(主演=クリスチャン・ベールは変えられない事項だったのでしょう。)
しかしながら、結果的には、各キャストに存在感が分散したことで、
主人公のワンマン映画にならず、映画としてはバランスが取れたのではと思う。

話題になってる、T-800の登場シーンは、
もう少しCGの精度を上げてほしかったところではあるが、
スターウォーズEP3でダースベイダーが登場したシーンのような神々しさがあった。
(このCGクオリティは、恐らくブルーレイで見ると厳しいと思う。)

他にも、過去作品を思い出させるような演出がいくつかあり、
私は、ロック好きなもんで、某曲が流れたときはニヤニヤしっぱなし。
勢いで一緒になって歌いそうになってしまった。(^^;


初代ターミネーターが、良い意味でカルトっぽい雰囲気だったのに対して、
T2では大作エンターテイメントアクション、
T3は、駄作がもつオーラが全開といった感じで、
シリーズの作品クオリティがバラバラなので、
今回、新シリーズ第1弾ということで、後2作ほど後ろに続くようだが、
できれば同じ作品クオリティで続けてほしい。
posted by しま | Comment(0) | 映画-SF
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。