にほんブログ村 映画ブログへ

ブログランキングサイトに登録しています。
このブログに共感したら、左のボタンをクリックしていただけると幸いです。
(クリックで投票)
※1日1リック有効


2009年10月12日

レッド・イノセンス

レッド・イノセンス

≪あらすじ≫
>アメリカ、宗教界そして人間のタブーに挑む、
>超一級のサスペンス・ミステリー!
>“信者殺し”の容疑をかけられ、何故か沈黙を続ける牧師と、
>スキャンダルを隠蔽しようとする教会中枢部。
>やがて真実を暴こうとする同僚の牧師:ダニエルに
>巨大な闇が忍び寄る!

(オフィシャル紹介文より)


なんとも言えない、このB級節。(笑)

本作の監督は、リューイン・ウェッブ監督なんだが、
私はこの監督の作品は、現時点では本作しかみたことがない。
しかし、ネット上のレビューを見る限り、
どうやら、基本的に評価が最悪な作品しか撮ってないようだ・・・・。

あまり日本人に受けが良い作品を撮れないのか、
それとも、地元でも評判が悪いのかはなんとも言えないが、
この監督の作品はある程度覚悟してみたほうが良いのかもしれない。

さて、本作の内容だが、
2004年の作品ということで、
同じ教会ものの映画の金字塔といえばダ・ヴィンチ・コードがあるが、
ダ・ヴィンチ・コードが2006年の作品なので、
察するに、ダ・ヴィンチ・コードの原作人気にあやかって、
一足先に作った、教会ものの映画・・・
と思ってもらえれば良いのかもしれない。

『宗教界のタブーが産み落とした、本格ミステリーサスペンス』
という、触れ込みの割にはスケール間は極小だし、
内容も淡々と進み、面白みも何もない。(笑)

あえて、良いところを言うならば、
主演のクリスチャン・スレーターの味が良いなと。
あと、ヒロインのモリー・パーカーが、
かなり魅力的に撮られていることだろうか。


B級映画が見たい!!(←私はこのタイプ)
そんな人にはかなりお勧めなのだが、
それ以外の人には、あまり薦めれる作品ではないように思う。



レッド・イノセンス
(※写真は楽天ショップへのリンクです。)

posted by しま | Comment(0) | 映画-サスペンス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。