にほんブログ村 映画ブログへ

ブログランキングサイトに登録しています。
このブログに共感したら、左のボタンをクリックしていただけると幸いです。
(クリックで投票)
※1日1リック有効


2012年06月25日

ディパーテッド



原作となった香港映画の『インファナルアフェア』の完成度が高いので、
『リメイクの必要があるのかどうか・・・・。』ずっと思ってて、
怖くてなかなか見ることができなかった作品。

内容のほうはというと悪くはない。
というより、インファナルアフェアを見てなければ、
絶賛されてもおかしくない出来だった。
映画レビューサイトで評価を下げてるのは、
きっと原作を見た人がシビアな評価をつけてるといったところだろう。

原作の方は、仏教的思想がベースにあって、
それを上手く物語で表現してたりするのだが、
ああいう仏教的思想ってのは欧米ではサッパリと理解されないと思う。
映画が娯楽である以上、大衆の理解を獲れない部分は
バッサリと切り捨てるという選択は間違ってはいないと思うし、
欧米では逆に原作よりも良いと評価されててもおかしくない。

香港ノワールよりも欧米のハードボイルド作品が好きな人には、
逆にこっちの方がオススメのような気もする。
映像はスカーフェイスやワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ的な色合いで、
内容は結構大味な感じにアレンジされている。

その大味さを良しとするかどうかで評価は変わりそう。

スタイリッシュさと緊張感は原作の方が格段に上ではあるが、
とりあえず、小難しい事は考えずに見たい人には、
原作よりもこちらをオススメしたいところ。

あとは、ディカプリオが頑張ってたのが○。
なんか随分演技派になったものだ。

ともあれエレベーターのシーンは、
スコセッシ流の味付けはして欲しかった。
原作のままの表現ってのはないよなぁ。


お勧め度:★★★★☆
個人的お気に入り度:★★★☆☆

【送料無料】【DVD3枚3000円5倍】...

【送料無料】【DVD3枚3000円5倍】...
価格:1,000円(税込、送料別)



(※写真は楽天ショップへのリンクです。)
posted by しま | Comment(0) | 映画-アクション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。