にほんブログ村 映画ブログへ

ブログランキングサイトに登録しています。
このブログに共感したら、左のボタンをクリックしていただけると幸いです。
(クリックで投票)
※1日1リック有効


2012年08月14日

悪魔を見た



嫁を殺された主人公が殺人犯を追い詰めていくという
いわゆるバイオレンスサイコサスペンスを題材とした復讐劇。
最近、国産の復讐劇である『さまよう刃』がTVで放送されてたが、
本作『悪魔を見た』と比較すると、それが生ぬるく感じてしまうような出来。

“法で裁けない悪を裁く”

同じテーマでも、ここまで違うものかというぐらい、
とにかく全てにおいて徹底してる。
そのため、エグいシーンもかなり多いのに加え、
サイコサスペンス映画にホラーの手法などを取り入れてるのも面白い。

原題は『I SAW THE DEVIL』。ストレートに訳すと“悪魔と出会った(合ってますか?)”だが、
この邦題『悪魔を見た』とは上手くつけたものだと思う。

最初は殺人犯が悪魔のように見える。
次は復讐を果たそうとする主人公が悪魔のように見えはじめる。
最後はそれをモニター越しに見てる自分が悪魔のようだということに気付く。

非人道的な殺人犯を憎めば憎むほど、
最初はグロテスクで目を覆いたくなるようなエグいシーンが、
気がつけば『もっとやれ! もっと痛めつけろ! そんなのじゃ甘い!』と、
心の中で主人公の背中を押し、その残忍さを望むようになってる自分がそこにいる。

人間の中に隠れてる悪魔性を引き出す。

そんな映画だと思います。
文句なしに、星5つですが、
疲れてるときにや、精神的に病んでる時は見ないほうが良いと思うので、
お勧め度の方は一つ星を減らしてます。

お勧め度:★★★★☆
個人的お気に入り度:★★★★★



(※写真は楽天ショップへのリンクです。)

posted by しま | Comment(0) | 映画-サスペンス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。